鯉のぼり

専務取締役@山本です

雨のしとしと降る朝でしたが、午後は一転して五月晴れとなり気温急上昇です。各地で夏日⇒真夏日の便りも聞かれる今日この頃、春は駆け足で去ろうとしている感ありです。
青雲橋と鯉のぼり②
『日之影町商工会青年部』が毎年続けているイベントですが、少子高齢化の影響か? 少々色あせてかわいそうな気がしているところです。「今年まででいいか!」とお考えの方は、お片付けの際に 是非ご提供をお願いいたします。

最後に、今年は台風の発生が多いようです。気象情報には十分ご注意頂き 『備えあれば、憂いなし』 で、被害を最小限にとどめることをお互いに心がけましょう。
スポンサーサイト

初誕生

専務取締役@山本です

お隣五ヶ瀬ハイランドスキー場では、15日朝5cmの積雪があったニュースが飛び込んできましたが、日増しに春めいてまいりまして、若葉の緑が目にも鮮やかな今日この頃、いかがお過ごしですか?

ところで、昨日は我がままを言いましてお休みを頂き、曽祖父(当家初代)の50年忌法要を執り行いました。これをもって『弔い上げ』とし、今後は先祖の霊としてお祀りするということで、古式にのっとり土へ返す儀式を行い、無事に終えることが出来ました。

そして、もう一つ古式にのっとった行事『孫の初誕生』祝いを12日(日)に行いました。下記写真のとおり、ワラジを履き『一升餅』を背負い、紅白の餅を踏んでヨチヨチ歩きで、泣きながら頑張っているところです。
昊初誕生①
『一升餅』は『一生』食に困らない願いを込めての風習のようですね。
儀式を無事に終えた後は、バースデーケーキでやや機嫌を持ち直し、無事終了となりました。
昊誕生②
最後になりましたが、新年度を迎え新たな環境での生活となり、気持ちも新たに奮闘中の方も居られるでしょうが、無理をなさらないで、ご活躍されることをお祈り申し上げます。

鳥居完成

専務取締役@山本です

『春に三日の日和(ひより)無し』と申しますが、正にそのとおり雨が多くなり、一雨ごとに寒さが緩み、”春本番”を迎えようとしている今日この頃ですが、同業者の皆様におかれましては、年度末を控え春の雨にご苦労されていらっしゃるのではないかと、お察し致しております。

ところで、私事昨年の秋ごろから温めていた鳥居の建て替え計画があり、秘かに進めていたのですが、この度集落民のご理解とご協力によりまして、完成の運びとなりました。

休日を利用して、加工・仮組 ⇒ 建て方と進み、旧暦1月24日(14日土曜日)『火防せの神』の秋葉神社祭に、額束としめ縄を取付け以下のとおりです。
秋葉・金毘羅神社鳥居
【額束文字:菩提寺住職、額束塗装:営業部@甲斐のお父上】

『塩ビ製で邪道だ!』」と、言われる方も居られるかもしれませんが、これが田舎の現実なのです。昔は、集落内に大工さんが居て、木製が当たり前だったのですが、悲しいかなこのとおりです。私としては、大変満足しているのですが、出来栄えは如何ですか?

最後に、間もなく彼岸を向かえます。気温の変化が激しい時期ですので、どちら様も健康管理には十分留意され、新年度を元気でスタートされる事をお祈りいたします。



完成検査

専務取締役@山本です

2月も半ばを過ぎ、今年度もあとひと月余りとなり同業者の皆様は、大変慌ただしい日々をお過ごしではないですか?

梅の花もほころび始め、ひと雨ごとに暖かくなるのは嬉しい限りですが、これから雨も多くなり屋外作業で渡世する我々としては、天気予報とニラメッコの日々となりそうです。

ところで、本日AM9:00から『高千穂小学校グラウンド工事』の完成検査に立ち会いました。小雨模様の天候でしたが、写真のとおり立派に無事故で完了し、無事合格となりました。
高千穂小グラウンド
担当は、本人もブログで紹介しておりました「二足の草鞋(ワラジ)を履く男!」 営業部の甲斐でした。

造成工事から体育館・〔法面・舗装〕。さらに、今回のグラウンドと4件の工事に携わらせて頂きましたが、これで学校施設全体が完了したようで、児童のみなさんが有意義に学べる施設となることを願っております。

何れの業界も同様でしょうが、先ず仕事を受注し、無事故で仕事を完了させ、完成検査(会計検査)を合格で終え、『麹菌ではなく工事金を受領する』 ことが最終目標ですので、本日の完成検査で一段落です。ご苦労様でした

最後に、年度末へ向け健康管理に十分ご留意頂き、笑顔で新年度をお迎えになられることをお祈りいたします。

小正月

専務取締役@山本です

寒中お見舞い申し上げます。皆様におかれましては、輝かしい新年をお迎えのことと お喜び申し上げます。

ところで、本日15日は『小正月』だそうで、本日をもって正月の終わりと言うことらしいですが、”小正月”は年末から正月と忙しく働いた主婦や女性をねぎらう意味で『女正月』とする(呼ぶ)地方もあるようです。

そして、もうひとつが『どんと焼』。門松や正月飾りと一緒に、木の枝に刺した餅を焼いて食べ、無病息災と五穀豊穣を祈る行事です。
どんと焼
テレビのニュースで時々映像を見ますが、「どんと焼」を表現したなつかしいイラストです。

若そうなお二人「どんと焼」終了後・・・・・・『女正月』となるのでしょうか?


皆さん、本日は早めの退社で一日限りの”女正月”をプレゼントしましょう。

最後に、今年一年も昨年同様宜しくお願い申し上げますとともに、世間ではインフルエンザが流行っているようです。厳寒の折、くれぐれもご自愛ください。

 | ホーム |  »