FC2ブログ

 

 

雪が降りました☃

土木部@興梠です。

西臼杵も寒い季節となりましたね最近受注した治山工事ですが11月中旬で雪が降っていました。


DSC_0921.jpg

標高は、1040mと高く少し雨雲が通ると雪になっています。主な工事は、コンクリート谷止めです、工期は11月~3月までですが、11下旬で寒すぎて大変です。

寒い中の作業となりますが安全第一・無事故で現場が終わると良いです!


DVC2.jpg

最後は、こんな感じに仕上がると思いますが、完成したらまたアップします。

スポンサーサイト

本番を前に!

営業部@甲斐です。

明日(22日)から始まる本番に向けて、最後の準備が行われています
「神楽」を舞う周りに飾り付ける「彫り物(えりもの)」を作成しています
彫り物作成
奉仕者(ほしゃ)の皆さんが全員で作成します。(小・中学生はいませんでしたが
彫り物作成2

ここで・・・神楽を舞うところは神庭(こうにわ)といい神聖な場所で東西南北に仕切られています。そして東に木徳人、西に土徳人、南に火徳人、北に金徳人がいるとされ、「彫り物(えりもの)」にはそれぞれの形が透かし絵で表されます。

当日は、大人の皆さんに加わって、高校生、中学生、小学生が一緒になって「神楽」を舞います。
地域の伝統を守ってくれる、子供達に感謝です

看板
明日は夜中まで「神楽」の舞を堪能したいと思っています(ちなみにこの看板は、上野(かみの)地区の物です)

なお、この日は当地区の他に、2箇所で神楽が奉納されます。(下組(しもぐみ)地区と下野(しもの)地区です)
http://takachiho-kanko.info/event/?yr=2012&mt=11

皆さんお誘い合わせで、舞を見に来て下さい。

見に来られる時は、暖かい格好で来て下さい。夜中は、結構寒くなると思われます。

優勝旗

建築部@飯干です。

現在担当の延岡市岡元の現場がようやく完成しました。
ご協力下さった地域住民の皆様、工事関係者の皆様、有難う御座いました。これから完成検査に向けて頑張ります。

ブログ1

また子供達の話になりますが、先日行われた県北のソフトボール大会(ライオンズ杯)にて優勝旗を手にすることができました。予選から苦しい試合ばかりでしたが、息子達6年生が意地を見せてくれた大会でした。6年生の引退試合まであと1か月もありませんが、もう一度感動する試合を見せて下さい。

ブログ2

下の写真は娘たちが中体連郡予選で優勝した時の写真です。
先日郡代表として県大会に出場してきましたが、結果は1回戦敗退。しかし都城地区№1のチーム相手に善戦し、見応えのある試合を展開してくれました。来年最後の夏には、県の強豪相手に勝ってくれると信じています。

ブログ

『お寒うなってきました』

 木田建設土木部@須藤卓也 改め『すどたく』です

みなさま、大変お寒うなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

都会(延岡)育ちの私には、高千穂の寒さに耐えられません

 ところで、私はといいますと、7月~10月まで、門川の掘削工事の現場に行ってました

無事故・無災害で現場が終われて、ほっともっとです

完成の写真ですお見苦しいものが写っておりますが、気になさらずに…。kadogawa.jpg

 話は変わりますが、本日、日之影小学校にて、平成18年度に私が担当しました、砂防現場の説明をさせて頂きました。日之影小学校の横にある砂防です。

小学生に私の話が上手く伝わったのか、気になるところです

『人前で話す力』を身につけなければと、思ったすどたくでした小学校

晩秋の趣2件

専務取締役@山本です

立冬を過ぎ冷気がとみに深まり、暮れゆく秋を感じさせる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?細身の私としては、春夏秋冬の中で一番苦手な季節を迎えようとしていますが、唯一の楽しみは熱燗をチビリチビリ飲み、ほろ酔い気分で床に就くことです。

ところで、今回は明日開札予定の現場確認に行ったところ、高千穂の隠れた名所で紅葉に包まれた『常光寺の滝』を発見・ご紹介します。標高1757mの祖母山から湧出する自然水が創り出す荘厳な滝で、落差37m。寺の住職がこの滝の水を飲んで大変長生きされたことから「長寿の滝」また「白糸の滝」ともよばれている。(案内板のパクリ)岩戸神社から約10km大分側へ進んだところに位置します。
常光寺の滝
話は転じて、もう一つの晩秋と言えば「野田国会」ですね。近い内、近い内がとうとうやって来たようです。今日、明日とニュースから目が離せません。『特例公債法案』、『0増5減』いずれも明日成立の公算が高まったようです。そして、私の次回の登板は投票前夜となること間違いなし。皆さん1ヶ月間の思考タイムがございます。国民のことを真に考える政党・会派の取捨選択に対し、このひと月を有効に使おうではありませんか。

日増しに寒さが増してまいります。健康管理には十分お気を付けて頂き、来る12月16日には元気で投票に行かれることをお祈りいたします。

今年もあと2か月

総務部@田崎です。
1年がたつのは本当に早いものですねえ、ついこの間まで暑いなあと思っていたらいつの間にかヒーターに灯油を入れ、朝晩つけていないと寒い状態です。凍え死なないよう注意します。

今月(11月)は、弊社の決算です、1年間の結果が数字として表れます。どうのような結果となるかある程度の予想はできていますが、数字で表すことができない社員の能力アップ、経験、会社の社会貢献活動等々色々な角度から社長に1年を総括してもらえるような資料を提供できるよう準備したいと思います。

また今日は、京都府にあるわかさスタジアム京都にて、日本女子リーグ決勝トーナメント決勝戦(トヨタ自動車VSルネサス高崎)が行われています。

今週のの土・日は愛知県豊田市で、男子の東西リーグの決勝トーナメントも開催されます。
地元宮崎からは延岡市の旭化成男子が17日(土曜日)第4試合で、東リーグ1位のトヨタ自動車と対戦します。応援よろしく。
私も先月から今月にかけて小学生や大人の試合があり審判をしていました。
宮崎はシーズンオフが無いぐらいに大会を開催しています。

これからもっと寒くなります、皆様風邪などひかぬよう体調管理には十分注意しましょう。
また来月担当日にブログを書きます。

挨拶っていいですね!

「土木部」拔屋です。

 先月、新たに現場を持つことになりました。
宮崎県延岡市北方町の二股地区で、国有林の治山工事です。
山の斜面にコンクリート(モルタル)を吹き付ける工事です。
毎度のことですが、安全第一で頑張ります!

 さて、タイトルについてですが、現場への通勤時に三椪小学校の前を通ります。
朝夕の通学時間帯に地元の児童を見かけます。すると、児童がその場で立ち止って車に乗っている私に、一礼して「おはようございます!」や「さようなら」と声をかけてくれました。非常にビックリしたと同時に、清々しい気分になりました。私も、車越しに会釈して一礼しました。

 最近は、挨拶のできない子供も多いようですが、挨拶って大事ですね。
私も二児の父です。子供にはしっかり挨拶や返事ができる子に育ってもらいたいです。

恐るべし・・・

土木部@戸高です!

 もう11月なんですね・・・現場の工期が迫ってます・・・

 今回のブログに私の現場の「ほぼ完成写真」を掲載したかったのですが、そうはうまくいかないものですね(>_<)今週が仕上げとなっておりますので、最後まで気を抜かず頑張りたいと思います!!

 先月は、五ヶ瀬町の夕陽の里フェスタに始まり、日之影中学校の文化祭ひのかげ渓谷まつり等々イベントが目白押しで、忙しくも楽しめた一か月でした。特に、中学校文化祭では、娘の英語論文の発表や実行委員長としてのあいさつ、また合唱、劇など感動感動の連続で素晴らしい文化祭でした。論文については英語ですので正直何をしゃべっているのか理解できませんでしたが・・・(笑)

 ひのかげ渓谷まつりでは、演歌歌手の「城之内 早苗様」のショーが催されました。「元おニャン子」ではありますが、そんなに興味をもっていた訳でもなく、まぁこんな山奥までわざわざ来てくれたし、一目だけでも見ておくか程度の気持ちで行きましたが・・1曲聞いたところで観客席の最後尾で飛び上がって手を振ってる自分がいました(#^.^#)

2012-10-28_14.15.54[1]
やっぱりお綺麗です\(^o^)/

またこの日の午前中には、公民館・職域対抗の「玉入れ選手権」が開催され、私も消防団でチームを作り参加致しました!
2012-10-28_09.27.17[1]

4分間制限のなかで、100個の玉をいかに早く入れてしまうかを競います。たかが玉入れですが意外と難しく、大いに盛り上がり、熱くなれる競技でした。次の日に体中が筋肉痛になってしまうほどです・・・玉入れ恐るべし!いや、俺の運動不足具合が恐ろしい・・・

 

祝!連続日本一

代表取締役@木田です。

日増しに寒さが身にしみる季節になってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

先月25日から5日間、全国38道府県が参加した和牛の改良の成果を競う「第10回全国和牛能力共進会」が長崎県佐世保市のハウステンボスで開催されました。

和牛のオリンピックと呼ばれるこの大会に、我が宮崎県も前回チャンピオンとして出場、9区分中5区分で優等主席を獲得し、種牛部門では内閣総理大臣賞、さらに団体賞も受賞し名実ともに日本一となり、見事連覇を達成しました。いやー、本当に良かった。感動しました。

前回の開催からはや5年、その間2年前には決して忘れることができない「口蹄疫」という宮崎県全体を震撼させた出来事がありました。県下でも数十万頭もの牛豚が殺処分されるなか、完全なる復興の証となった今回の受賞…、ご苦労は計り知れませんが夢に向かってご尽力され、栄冠に輝いた関係者の皆様に対して、本当に頭が下がる思いです。おめでとうございます。

2年前の存亡の危機からの「畜産王国 宮崎」完全復活。しかし、喜んでばかりはいられません。これはあくまで通過点であり、今後どう生かしていくのか、畜産王国である宮崎の腕の見せどころです。


農業もやりようによってはTPPなんて関係ないと思いませんか?
28085_524044757607073_1699072414_n.jpg

 | ホーム |