『木田建設、西米良へ進出!』の巻

 土木部@須藤です

このたび、西米良の上部工(橋)の現場を受注しまして、現場代理人として行くことになりました

 上部工の現場というのは、この仕事に携わっていても、なかなか経験出来る現場では無いため、よい経験になる
であろうと思っております。

 が、んが、しかし…、通勤に約3時間かかるため、単身赴任です
私には今年6歳と3歳になる、かわいい、かわいいご子息がおりまして、日曜日しか会えなくなります

このことを考えると、毎日夜も眠れず、枕を濡らしています…。


 と、いうのは嘘で、快眠・快食・快〇です

 息子達に『この橋は、お父さんが造ったとぞーー』と胸を張って言えるような、すばらしい構造物を造って帰ってきたいと思います

 ちなみに帰って来たら、『師走』です…。

IMGP8891_convert_20130325091052.jpg
スポンサーサイト

藤並邸完成

建築部@藤並です。
030.jpg

11月末に着工した藤並邸が3月15日に完成にいたりました。
約4ヶ月間の工事でしたが、自分でも満足のいく建物ができたと
思っています。

一番喜ぶのは2匹の犬(メイとラン)でしょう、
今まで仮設の狭い住宅にいたので
引っ越したら部屋中を飛び回ることでしょう。

又、3月24日の日曜日には見学会を開催することになり
準備に追われています。
たくさんの人に来ていただいていろんな意見、感想をもらって
今後の仕事につなげて行きたいと思います。

無事完成しました。

          土木部@甲斐です。

夜間作業で施工を行った 日向市の塩見跨線橋橋梁補修工事

の作業状況写真です。

橋面の切削を行い、防水工事を施工し舗装を行いました。

切削作業

舗設

転圧

完成


昼間の施工では、車の交通量が多く夜間での作業になり、重機等の

騒音で塩見地区の方々には、大変ご迷惑をおかけしました。

皆様のご協力により、無事に完成しました。

本当にありがとうございました。

春が来た

専務取締役@山本です

今シーズンの高千穂は、降雪は無くとも寒い日が続きましたが、ようやく春はそこまで来たようです。
本県では、先日(13日)平年より11日早く桜の開花宣言が発表されました。
「花より団子」の私ですが、桜の花見を大変楽しみにしているところです。しかし、気がかりが・・・?

お隣中国からのPM2.5や、黄砂の影響で素晴しい桜が望めるのか? 町の人々はマスク(花粉症もあり)で防疫しておりますが、桜にマスクは出来ず大変心配しているところです。

ところで、桜の名所は数々あれど五ヶ瀬町浄専寺の『しだれ桜』は、とっても素晴らしく私も度々拝見してきました。その桜について・・・五ヶ瀬町のホームページで13日から桜情報がアップされておりますので、見ごろを確認され是非一度ご来訪されてはいかがでしょう。

image.gif
上記写真は、ホームページより無断引用ですが、観光PRのためお許しください。

最後に、桜咲くとも「花冷え」ということがございます。朝夕は冷え込みむ日もございますので、健康管理には十分ご注意いただき、年度末の慌ただしい日々を乗り切りましょう。

引っ越し

総務部@田崎です。

長男が鹿児島の大学を卒業し、宮崎の方の企業に就職することになりましたので、12日の火曜日にお休みをもらい引っ越しをして来ました。

大きな物は運送屋さんに依頼し単身パックでほぼ発送済みでしたが、自転車だけは依頼できなかったようで車に乗せ宮崎まで運びました。

荷物は家電製品少々と簡易ベッド。後は書籍とのことで、さすが大学生ともなると沢山本を読むちゃねと感心しておりました が、内訳は漫画6割、小説4割と平気で答えてくれました。この4年間何していたの?と言いたかったのですが、大学4年間を寮で過ごしてくれ、親としては大変有難い子供でしたよ。

長男にとってこの4年間は長かったのか、短かったのか。良かったのか、悪かったのかわかりませんが、親である私はとても短く感じました。

鹿児島でお世話になりました皆様、子供に代わりましてお礼申し上げます。また、昨日から宮崎市内で生活を始めましたので宜しくお願い致します。

私自身、木田建設で働かせていただいたおかげで、無事二人の子供を大学まで出すことが出来ました、大変ありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

子供たちも次なる目標を設定し、頑張ってくれるものと信じております、一日でも早く仕送りを止めることが出来ますよう神様にお願いしよ―と。

今年度も残り半月となりました、同業者の皆様におかれましても無事故で新年度が迎えられますように 『ご安全に!』

追い込みです

営業部@甲斐です。

日中は、かなり過ごしやすくなった様な気がします

我々建設業にとって、追い込みの時期となりました

昨年のこの時期とは違い、今年は雨が少なく順調に現場進んでおります。(昨年は、開通式が決まった橋梁の舗装工事の現場で、大変苦労した事を思い出します

本日は雨が降る予報となっておりますが、小雨程度で、大きな崩れが無ければ良いのですが

作業をされてる皆さん、追い込みだからといって、焦りは禁物です。

ケガをしてしまったら、今までの苦労が台無しになってしまいます。

最後まで、気を抜かずに、完成検査を迎えましょう。

それでは皆さん「ご安全に」

「苦しい時の……頼み!」

土木部@佐藤です!
 少しずつ春の気配を感じさせる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?
今回の話題は、私の地区の氏神様左京大明神)の建物が老朽化している為、建て直しをする事となりましたのでこの事についてお話ししたいと思います。
 まず、この氏神様(左京大明神)の由来は、1591年(天正19)県領(あがた、現延岡)5万3千石 高橋元種は、800騎を率いて、三田井親武 高千穂領6千石の岩戸口亀山城(城跡が残っています)を後方から鉄砲で攻め込み、もはやこれまでと家老藤田左京は、城主・兄弟を脱出させ自ら城主と名乗り切腹。1626年 命をとりとめた左京の子と村人により、忠臣藤田左京を祭神とする左京大明神社が建立されました。現在の社殿は、明治元年に県道沿いの平地から、現地(下の写真)に遷宮され、建替えとなった次第です。

家移り①

社殿解体(3月3日)前、家移りが午前0時に行われ、神様をあげこしで移動し、藤田家(末裔)へ、おなおりになりました。(下の写真)

家移り②

右から2番目が藤田左京さまです。

家移り③

地鎮祭が3月9日にあり、基礎工事へと進んでいます。
 今まで、”神頼み”ばかりしていた私なので、これを機会に少しでも力になれればと思い、社殿が完成するまで私のできることを行いたいと思います。
完成予定は、4月末となっております。楽しみです!
それでは…また。佐藤でした!

年度末です!

土木部@戸高です!!!

 いよいよ3月、年度末です。我々建設業では工期末を迎える現場も多く、休む間もなく頑張っている方々がたくさんいらっしゃることと思います。

 私の担当する現場「岡富地区舗装工事」も、ようやく完成の目途がたってきました

 今週が勝負どころです どうか雨がふりませんようーーーーーに


IMGP4863.jpg
IMGP4862.jpg

 ところで私・・・40歳にして神楽を習い始めました2月から週2回稽古をしております(汗)

まったくもって上達いたしませんが、3月9日に地元の祭で「鎮守」という舞をさせていただくことになりました(#^.^#)
どうなることやら分かりませんが、品の良い写真が撮れたら次回アップ致します。

 それでは、御安全に!

宮崎県民の願い

代表取締役@木田です。

一雨ごとに春の足音が近づく季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨年末に開通した東九州自動車道「須美江~延岡」、「都農~高鍋」に続き、去る2月16日、大分県と宮崎県の県境をまたぐ東九州自動車道「蒲江~北浦」間(14.2㎞)が開通しました。

このことにより、宮崎県における東九州自動車道の未供用区間は「日向~都農」(平成25年度開通予定)、「北浦~須美江」(平成28年度開通予定)だけとなり、長年待ち望んでいた高速道路時代が目の前まで迫りつつあります。宮崎県にとって重要な意味があるとともに、宮崎県民として大変期待をしているところです。

東九州道2


宮崎県はインフラ整備の遅れが理由でさまざまな諸問題を抱えていましたが、東九州自動車道の全線開通を目前にした今、大局的な見地からそれらの課題に真摯に取り組み、宮崎のこれからを担っていく次世代のためにも、将来に対する希望の光を絶やすわけにはいきません。

くしくも本日は県内各地で卒業式が行われています。ご卒業される若い皆さんが誇れるような宮崎にすることが私たちの責務だと考えています。


東九州道
素晴らしい道路でした。九州横断自動車道開通にも弾みがつけば…。

 | ホーム |