田植え道(たうえどう)

土木部@戸髙です!

 6月に入り梅雨入りと同時に一気に農繫期へ突入!!4月末あたりから用水掃除、草切、田の荒おこし等、着々と田植えに向けて準備を行ってきた我が家も、何とか今月上旬日は田植えが出来そうです。 

 用水の水が明けられると(私の集落では朝5時から)早朝よりトラクターの音があちこちで響きだします。

IMG_3740.jpg
 何でこんな苦労してまで・・と思う自分と、朝から清々しい気持ちでトラクターに乗ってる自分と・・・ミンナ頑張ってるから俺も頑張ってみるか(笑)みたいな感じですかね

 昨日はもち米の田植えを一足先にしました。
こんな小さなひょっこりひょうたん島みたいな田んぼ・・田植え歴20年を超える自分ですが毎年この田んぼ・・どうやって植えたらと悩んでしまいます。
IMG_3741.jpg

しかし・・この「U字・工事」(厳密には工事・U字)の「U字」の方・・こいつには迷いが無い「田植え道」を極めてるのか・・・田に入るなり即開始。何でそこからと思いながら見ていると、ちゃんと仕上がって稲刈りしやすいように植えてある(@_@)

まあ田植えはこいつに任せて、俺は赤いトラクターに乗ってグルグルまわっとこ。

梅雨入りですね!

 土木部「拔屋」です。

もうすぐ、6月に入りますが、一足先に梅雨入りしたようです。
土木工事には、悩ましい季節です。
現在、日之影町の深角地区で道路災害の復旧工事を
行っています。土砂掘削がメインの現場なので、
雨天時の作業が困難です。しかも、崩壊した現場なので
豪雨時は、二次災害が発生しないか心配です。
安全管理を徹底して、無災害で完成できるよう頑張ります!
深角地区の皆様には、工事中ご迷惑をお掛けしますが、
ご協力を宜しくお願い申し上げます!

【2018 ワールドカップ開幕】

 アニョハセヨ
土木部@須藤卓也 略してひょっこりはん須藤です

 自分は今、日之影キャンプ場近くの法面工事を担当しております。
法長が50m近くあり、おまけに勾配がきついためハラハラドキドキした現場でしたが、無事故・無災害で施工完了できましたので、ホットしております

 さて、タイトルにもありますとおり、『2018 FIFA WORLD CUP RUSSIAが来月より開催されますサッカー経験者としては、4年に一度のビッグイベントのため、ドキがムネムネしてたまりません
自分の予想としては、1位 ブラジル 2位 ドイツかな。。。寝不足の日々が続きそうです子供達も興味があるようなので、痛い出費ですがブルーレイレコーダーでも買って録画してあげようと思ってます

 

風薫る 5月

土木部@戸田です!
 先週金曜日、わが社の社内検査に立会う機会がありました。
現場はなんと、宮崎のお隣、熊本県!熊本県は、阿蘇郡南阿蘇村。(草千里展望所近く)
そこで、砂防えん堤を作る現場『阿蘇地区治山工事(東烏帽子嶽)』の社内検査でした。
ちなみにここの現場代理人は、土木部@興梠(慎)。焼肉するなら俺にまかせろ会社での栄養会ではいつも率先して肉焼き担当をしてくれます まだまだ若いですがいざと言う時には頼りになる今後がさらに楽しみな、わが社の若手技術者の一人です

 社内検査の日は、天気も良く見渡す限り阿蘇の大自然青い空と緑の大地に囲まれて、砂防えんていのてっぺんに立つと5月のさわやかな風がとても気持ちよく感じました。と同時に、約半年間、毎日現場に通い続けてお仕事された現場の方々の思いが足元から伝わってきました。とくに冬場の大雪、凍えるような寒さの中での作業・・・。大変な苦労もあったと思います。無事故・無災害で無事に完成できたことを嬉しく思っています

ブログ

そして社内検査後に草千里展望所まで足をのばしてみました。するとそこには、今の季節ならではの景色ですかね、まぶしいくらいの緑の大地が広がっていました。緑がまぶしくて、光あふれる新緑の薫りを感じるとなんだかパワーをもらった気がしました

2ブログ

それから週末の出来事・・・。ここでは、熱い熱い風が吹き荒れていました。場所は、延岡市の市民体育館。我が家の二男のバレーボール県北大会が行われました。体育館の中は、みんなの熱気や歓声、体育館中に響き渡る応援団の太鼓の音がすごくて圧倒されました二男の所属しているH中男子バレー部、結果は惜しくも3位!風の流れになかなか乗り切れませんでした
biog3.png


さて「ミンナノミカタダキダケンセツ」本社のあります高千穂町。
今日も晴天。窓からは5月のさわやかな風が吹き込んでいます

G・W

 土木部@戸髙です。

 ゴールデンウイーク・・毎年のことではありますが、あっという間に過ぎ去っていきました。
多少肌寒く後半は雨の日もありましたが、爽やかな晴天も続き皆様思い思いの大型連休を過ごされたことと思います。

 私は珍しく・・いや当然のごとく実家の農作業に勤しんでおりました。久しぶりに刈り払い機を手に土手や石垣の草を切れば、石にガチャガチャぶつけて刃をダメにし、トラクターに乗って畔を塗ればカーブで畔が二列できよるし・・ん~農作業って難しい
まだまだ親父や近所の方の指導を受けながらやらんといかんです・・はい・・

 近年、自分自身も思うところですが、近所の方々と話しするときに「いつまで続くじゃろうかね・・・あと何年コメ作りができるじゃろか・・・」との話題が必ず出てきます。高齢化が進み、後継者がいない、誰かに頼むにも場所は悪いし危険も多い、機械は高い・・水も・・・先人の築いてきた農地を守ることが本当に困難な時代になってきたなと・・・改めて実感させられます。

 なかなか前向きな話題となりませんが、自分にできること、無理のないところで家族の生活、家、農地を守っていけることを考えていきたいと思います。

 さっ!連休明け!気を引き締めてキダケンセツ頑張ります!! 

«  | ホーム |  »