FC2ブログ

 

 

土木部@橋本です。

私は今、熊本の阿蘇の現場で仕事をしています!
現場が牛の放牧場の中にあるので毎日牛が作業場所の近くまで来ます。
現場内に入らないよう有刺鉄線を張っているのですが、たまに乗り越えて入ってくることも…

しかし!牛が現場に入ってきても家で牛を養っている方が慣れた手つきで牛を追い出してくれるので安心して作業ができます!
あとは、現場にうんちを落とさないでくれるといいのですが…笑

また、気温の方もだんだんと寒くなってきたので風邪をひかないようにして無事故で現場が終れるように頑張ります!

これで終わります。

自然の猛威

土木部@戸髙です。

 9月最終日に九州に最接近し日本列島を縦断した台風24号・・・まだ通過して間もないため被害の全容は明らかになっていない所もあるかとは思いますが、各地で甚大な被害に遭われているようです。

 接近の予報から注意報、警報と度重なる呼び掛けにより、避難や無理な外出を控えるなどそれぞれ対応を図られたことでしょうが、やはり自然の猛威には成す術がないところもあるようです。

 このような河川の増水、濁流を見ると本当に生きた心地がしません・・・幸い我が日之影町を含む西臼杵では大きな被害は無かったようですが、米刈を間近に控えた稲が倒れてしまっている田んぼを見ると・・ガッカリさせられます 
IMG_4064.jpg

IMG_4065.jpg

 日之影町では29日夕方から一早く避難所が開設され、私たちも消防団で地域の方々へ避難の呼び掛けを実施し、役場職員と共に避難所へ待機しておりました。雨が強く打ち付ける音なのか一緒に詰めている者のイビキなのか・・なかなか寝付けない夜を過ごしましたが、こうして地域を守るために動いてくれる仲間がいることが何よりです。

 また台風25号が24号の後を追うように迫っているようです!動向を注視しながら早目の対応をとっていきましょう!

御安全に‼

完成まで無事故で!

           土木部 @ 甲斐です。

7月から、千軒平林道の新設工事を行っています。今年は多くの
台風通過の為、計画より少し遅れ気味で作業が進んでいて只今
40%ほどの進捗状況です。現場は標高が1200mと高い場所で、
晴れた日の眺めは抜群に良く、阿蘇山や遠くは長崎の普賢岳も
見えるほどの眺望です。今年の夏は本当に暑かったと思います
が、ここは標高が高い為、少し風が吹けば涼しく天然のクーラー
の中での作業で暑さ知らずでした。今、作業のし易いこの時期に
頑張り、完成まで無事故で、雪が降るまでには下山をしたいと思
います。

IMGP2415.jpg

IMGP2649.jpg

IMGP2644.jpg

季節の変わり目です!

土木部@戸髙です。

 お盆が明けて暑さが少し和らいだように感じておりましたが、9月となると朝夕はかなり過ごしやすい気候となってきました。寝る前にエアコンを点けて寝ていたのが、窓を開けているとちょっと毛布でも掛けて寝ようかと思うくらいひんやりとした風が吹き込んできます。
 こんな時に油断すると風邪を引いてしまうことが多いので・・・気を付けておきましょう

 さて私の担当している現場を・・五ヶ瀬町桑野内の波帰地区における舗装工事です。
 
 県道から町道へ移管される道路の舗装補修工事でしたが、なかなか湧水やら軟弱土やら・・すんなりとは終われません
 そこへきて猛暑の時期の施工と苦労の多い現場でしたが、弊社のベテラン技術者や協力会社の技術力により、完成間近までやってこれました。また、地元住民の方々の御協力が一番のスムーズな進捗を得られた要素だと思っております。
 まだ終わった訳ではありませんが・・(笑)
 本当にありがとうございました。

DJI_0005-1.jpg

IMGP2416-1.jpg

IMG_3897.jpg

猛暑と夏は終わりましたが、台風シーズンは真っ盛りです🌀
体調もそうですが、油断せず防災意識をしっかりと持ち、先ずは自分の命は自分で守ることですね。自分に何かあれば周りの人を助けてあげることもできません。逆に周りの人を危険な目に合わせることになります。

備えあれば・・・ですよ!! 御安全に!

続きの始まり。

 お盆も過ぎ、朝、夕と過ごしやすくなってきましたが、まだまだ日中は、容赦ない暑さが続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?(まこっ、あちぃがねぇ)
こまめな水分補給をしながら、熱中症対策をおこなっている事でしょう。
 今年に入ってから、寒い日々が続いたと思いきや、猛暑の日々・大雨による災害発生と、この先が不安ですね。
さて、今年3月末に完了した現場が、7月に発注があり再び始動開始。

H30年8月写真

 今後、予想もしない悪天候が訪れるかもしれませんが、より良い製品を納品したいと思います。

土木部 佐藤でした!

«  | ホーム |  »